薬剤師の転職理由について

薬剤師は特別な専門職

薬剤師という仕事は、専門の大学の学部に通い、長い時間をかけて勉強したすえにやっと得た資格を持っていなければ就くことができない特別な専門職です。
それゆえに、ほかの一般的な仕事と比較すると給与面でも好待遇が望めること、正社員ではなく、パートとしての求人も多いことから、他の医療職と比べると女性が多いことなどが特徴だと思います。
ほかにも女性が多い理由として、結婚や出産といったライフステージの変化を経てもつづけやすいこと、病院や各種医療施設だけではなく、街中の薬局や近年増えているドラッグストアで気軽にパートとして働けることなども大きな理由だと思います。
実際、私の先輩も女性が多く、結婚や出産で転勤したり一時退職したあとも復職することが可能で、働きやすいと言っている人がいます。
薬剤師が転職する理由のひとつが、そういった生活の変化でしょう。
子どもを望むなら、出産前後はある程度どうしても休まなければなりませんし、小さな子どもがいるうちは、保育園や病児保育などに頼ったとしても、なにかと休まなくてはいけないこともあります。
また、自分の手元で子どもを育てたいという人も少なくありませんので、キャリアをいったん中断しても、子育てを中心にしたいという人もいます。

薬剤師は特別な専門職 | 家の近所のドラッグストアでパート勤務をしています | 納得できるところでこれからも働きたい

薬剤師の転職情報を見てみる : 薬剤師求人うさぎ!